クレアホーム トップ> 国産材「唐松」

特設ページ

国産材「唐松」

杉 唐松 檜

唐松(カラマツ)【日本産:針葉樹材】 マツ科 Larix kaempherii 

落葉松とも書かれるように、日本産の針葉樹のなかでは唯一の落葉樹です。信州や北海道の景色として忘れられないものの一つでしょう。

大都市に住む人々は、この木の名前や樹形は記憶にあっても、木材というと「どんな?」と首をかしげる人が多いのではないでしょうか。信州では古くからカラマツを建築用材に使っているので、注意すればカラマツを柱に使っているのが見られます。しかしスギ、ヒノキが得やすい地域ではなじみがないことと、木材が加工しにくい等の理由であまり利用されていません。

分布は、信州を中心とする本州中部に限られており、海抜1,000m前後の温帯上部から亜寒帯にかけて見られます。しかし、ほかに適当な造林樹種がない北海道や東北、関東北部などの寒い地方では重要な造林樹種で、スギ、ヒノキに次ぐ面積があります。

心材の色は褐色ないし赤褐色で、白色の辺材と対照的です。早材から晩材への移行が急で、色の違いが大きく、年輪は明瞭です。木の形はどちらかというと女性的ですが、日本産の針葉樹材のなかでは重硬で、平均気乾比重は0.50です。カラマツの髄しゅうへんでは繊維が傾斜しているので、乾燥によってねじれます。ある程度の樹齢に達すれば繊維の傾斜はゼロとなり建築その他に使えます。

またカラマツが好まれなかった理由の一つに、ヤニがあげられ、そのため建築材としては表面に出るような所には使わず、土台、棟木、母屋角などか、坑木や矢板などの土木用材、ダンネージなどに使われ、野菜箱、杭などにも使われてきました。最近はヤニ処理技術が進んできて用途も広がっています。カラマツは通常の構造用集成材だけでなく、スギとの異樹種集成材があって、最外層にカラマツを使った合理的な利用法です。

(出典:『木のいろいろ 針葉樹編』財団法人 日本木材総合情報センター)

このページの先頭へ