49

「階段」が主役の家

「階段」が主役の家
建設地武蔵野市
建物概要木造2階建階建
建蔽率40% 容積率80%
敷地面積154.98㎡
延床面積123.20㎡

黒い鉄骨階段が3層の床を緩やかに結ぶ立体的な住まいが完成しました。

2階建て以上なら必ずある「階段」。

この家では単に上がり下りするだけではなく、家族の思い出を飾り、自分の部屋へ帰る途中に少し足を止め観賞したり、本を読んだりと、階段がちょっとした居場所になるように「階段」を主役にしました。

日当たり抜群の階段の踊り場は室内物干し場としても活用できる工夫がされています。

将来的にはこの踊り場部分にプロジェクターをセットし、リビングの壁面にスクリーンを置いて映し出せばホームシアターもできるようになっています。

1階には家族みんなが集まる広いLDKと水回りを配置。階段横のリビングスペースの上部は1.5層の吹き抜け空間になっていて、1階からは2階の様子などが垣間見れ、光や風を最大限に取り込んでいます。

トップに戻る