Warning: Declaration of YOOtheme\Theme\Wordpress\MenuWalker::walk($elements, $max_depth) should be compatible with Walker::walk($elements, $max_depth, ...$args) in /home/creahome/www/blog/wp-content/themes/yootheme/vendor/yootheme/theme/platforms/wordpress/src/Wordpress/MenuWalker.php on line 9
  • ホーム
  • 【吉祥寺北町の家】普段の仕様と異なる断熱材を施工しました!!

【吉祥寺北町の家】普段の仕様と異なる断熱材を施工しました!!

皆さんこんにちは。

さて、現場報告ブログとしては新年1回目となります。

本年も宜しくお願い致します。

 

今回は普段の当社の仕様とは少し異なる断熱材のご紹介です。

場所は【吉祥寺北町の家】

普段の当社仕様ではアクアフォームと言うウレタン吹付断熱材を採用しておりますが、

今回はお施主様の強いこだわりによりアップルゲート社のセルロース断熱材を採用しました!!

聞きなれない言葉ですね。

一般的にはセルロース(もしくはセルローズ)ファイバーと呼ばれている断熱材です。

それでも?????????となるかと思います。

 

かなーーーりザックリとした説明をすると、

新聞紙などの古紙を細かく裁断し、断熱材として使う方法です。

手順などはアップルゲート社のホームページが分かりやすいのでご興味のある方は下記リンクからどうぞ!

ウォールスプレー®施工方法

 

それでは実際に今回の現場を見てみましょう。

まずは現場内の資材養生や足場の組立(今回は天井が高いため必要)を行います。

リビングから勾配天井を見上げたところです。

壁は吹付、2階天井部分はシートを貼った上に断熱材を充填します。

ホースの中をするセルロースが流れていきます。

↓↓ちなみに機材はこんな感じです。

奥の袋に入った物がセルロースのおおもと。

左の機械で攪拌、圧送し、建物内部に送られます。

↑↑吹付ける前はこんな感じです

↑↑まずは吹付を行い、はみ出た部分はカットします。

角度を変えてみると

我ながらあまりにザックリとした説明にビックリしますが、こんな感じです。

フィルムが必要な箇所にはフィルムも施工します。

今回の見せ場となる出窓部分

サッシと柱の僅かな隙間もしっかりと充填していきます。

施工前

 

施工後

 

今回は断熱材でしたが、当社は規格住宅ではないので、様々な仕様に対応可能です。

もし『こういった資材を使いたいのですができるのかな?』と思うことがあれば、お気軽にお尋ね下さい。