43

家事動線と適所収納にこだわった
家族全員が趣味を楽しめる家

家事動線と適所収納にこだわった<br>家族全員が趣味を楽しめる家
建設地清瀬市中清戸
建物概要木造2階建
建蔽率50% 容積率100%
敷地面積255.54㎡
延床面積120.48㎡

家事を楽しめることが家づくりのテーマのこちらのお宅。
1階は玄関、パントリー、キッチンの買い物動線を一角に収め、2階は洗面室とバルコニーに面した家事室、家族の衣類を一挙に引き受けるファミリークローゼットを設けて、洗濯動線をスムーズにするための工夫がされています。
家事や収納コーナーをコンパクトにまとめることで、家族それぞれが趣味を楽しめる空間を確保することができ、毎日のゆとりを生む環境を整えることができました。
玄関のシューズクローゼット、キッチン脇のパントリーはカーテンで区切って直接見えないような間取りにすることで、家全体がすっきりとした印象に。
機能性の高い収納という土台作りがあってこそ、開放的な空間がより際立ってみえてきます。
家事が楽になる動線にこだわったおかげで、家族全員の豊かな暮らしをかなえたお宅となりました。

トップに戻る