55

吹抜けリビングでゆるやかにつながる二世帯住宅の家

吹抜けリビングでゆるやかにつながる二世帯住宅の家
建設地中野区
建物概要木造2階建
建蔽率70% 容積率150%
敷地面積94.35㎡
延床面積139.38㎡

トイレと洗面所以外の設備とLDKを共有する「完全同居型プラン」からスタートしたご実家の建替えでしたが、途中奥様のご出産を経ることで、世代ごとの生活時間や過ごし方の相違をお感じになり、建築家に方向転換をご相談されました。その結果、それぞれの居場所が大きなリビングの吹抜けを介して「ゆるやかにつながっている二世帯住宅」を実現することができました。
ミッドセンチュリー+インダストリアルをイメージし、あらゆる素材は厳選して採用されました。そのこだわりはキッチンの腰壁やタイル、土間玄関の仕上げや階段の設えなど大きな部分から、壁のフックひとつに至るまで細部に渡っており、家中で実感することができます。これはお施主様の強いご要望と、それに共感した建築家とで幾度となく重ねられた妥協の無い打合せの賜物です。
建替える前のお宅では、日当たりが悪く室内が暗いことが気がかりとのことでしたが、大きな吹き抜けから降り注ぐ光は、一日を通してLDKを明るく照らしてくれます。隣家が迫っている敷地状況ですが、熟考された間取りのため、個室でもカーテンなしで開放的に過ごすことができます。

面談予約 資料請求