ブログ

BLOG

【平屋建ての家】断熱工事

2023年1月21日

皆様こんにちは。現場監督の根岸です。

続々と現場が進む中、本日は【平屋建ての家】の断熱工事のご紹介です。

こちらのお宅は、最近では珍しい平屋建てです。

住まいとしては平屋の規模で十分という事ですが、お持ちの家財が多いため、基礎を高く上げて床下に収納を広く取った住まいです。

このお家の断熱工事が先日行われました。

まずは下地と配線工事の様子から。

壁と天井に下地が組まれて、その間に電気配線と、換気扇の配管、水道の先行配管が施工されています。

こちらはユニットバス下の配管です。

床下がたっぷりとられています。

こちらに弊社標準仕様の断熱材、日本アクアのアクアフォームにてウレタンの吹付断熱が施されます。

ユニットバスの下は吹付硬質ウレタンフォーム、アクアフォームNEOが標準仕様です。

脚立を立てたり、足で踏んでも全く凹みません。

 

壁面、天井面には全面アクアフォームが施工されます。

現場発泡のため、少しの隙間も見逃さず、ぴったりと入り込みます。

こちらは床下から見た、階段の裏側です。

天井面に見えるのは土台に施される床下断熱材、旭化成のネオマフォーム。

板状のネオマフォームが施工できない部分は、アクアフォームでしっかりと断熱されます。

 

断熱工事の前は、冷えた建材がしみじみと寒い現場ですが、断熱工事後は驚くほど暖かい現場になります。

ぜひ弊社標準の断熱材を体感していただきたいと思います。

現場からは以上です。

 

トップに戻る