ブログ

BLOG

最近はアプリを使って土地探しする

2020年11月13日
こんにちは笠井です。

これは、個人の経験ですが、私が実際に自分の家づくりを
したときに体験した時に感じた経験からのアドバイスです。


「最近の土地探しの方法としては、スマホのアプリを活用した方が、
自分達の求める条件を満たす地域を相場感としても見つけやすい」です。
「スマイティ」というスマホのサイトは価格.comが
運営するサイトだけあって、地域の住み心地を
口コミを活用して情報を収集していて割と、
地域での生活をイメージするのに参考になるサイトです。

「ホームズ」のスマホのアプリは、職場からの通勤経路、駅からの徒歩移動距離などを
サクサク検索できるので利便性を検討するのにお勧めです。
 ↑
大変お世話になりました。

検索した内容を妻にメールで送り見てもらい反応を
確認しながら、希望にあった土地を探すということを
していました。通勤時間をそんなことに割いていました。

私は家づくりの経験が仕事としてあるので、
この2つのサイトだけで検索して良いと思う案件を
とりあえず休日に不動産会社には問合せはしないで、
地域をまわり生活のイメージができる場所かを
妻と確認しました。

その上で良いと感じた案件について、
問合せをして内見をして購入という流れでした。


上記の流れがそのままお勧めというわけではなく、
この二つのサイトで地域が確定できれば、
不動産会社の担当者に自分達の意向を話すときに内容が伝わりやすく、
ご希望の物件を紹介しやすくなりますので、ぜひ検索をしてみて下さい。


また、もう一つこのやり方をする意味を説明すると、
土地の相談を不動産会社にする時に地域の相場と
まったく違う価格で希望を話してしまっていると、
不動産会社の担当者の動きは他のお客様と
同列になると思いますが、
相場が理解できているお客様に対する
不動産業者の担当者の動きは格段に良くなると感じるからです。

少し考えれば分かる事ですが相場が
理解できているという事は、他のお客様より
早く契約に至る事ができると営業マン側が期待が
できるからです。
トップに戻る